鏡花水月


はかない幻のたとえ。目には見えるが、手に取ることのできないもののたとえ。
また、感じ取れても説明できない奥深い趣のたとえ。詩歌・小説などの奥深い味わいのたとえ。
本来は、鏡に映った美しい花と水に映った美しい月の意。
それらは目には見えても見るだけで、実際に手に取ることができないことからいう。

▽「水月鏡花すいげつきょうか」ともいう。

「鏡花水月法」はその物事をあからさまに説明しないで、
しかもその物事の姿をありありと読者に思い浮かばせる表現方法。

美しい言葉

Comment

  1. Cry for the moon
  2. 長い夜