長い夜



孤独なのか、寂しいのか、不安なのか
言いようのない気持ちが長い夜を支配する

何かをしたいけれど、何をしていいのか分からないし
誰かに言いたいけれど、話したくはない。

この気持ちを、どこまで書けばいいのか、
なんて書けば理解してもらえるのか、それも分からない

多分・・・

こんな風に、得体の知れない何かと
戦っている人は、沢山いるんだろうなと思う。
世界中の不幸を一人で背負ったような気分なんだけど
それは、私だけじゃないんだって、うん、分かってる。
ちゃんと理解している。

だけど

人の心は複雑で、思い通りにはならなくて
言葉にもならなくて、今日も恐々と夜を超える。

独言

Comment

  1. 鏡花水月
  2. 足りないもの