スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)

スポンサー広告

幼少期


子供の頃って、どんなだった?
楽しかった?
両親は?
どんなところへ行って、何を見て、何を得た?
蝉の鳴く今、このとき、あの頃を振り返ったら、どんな気持ち?





サンタクロースも御伽噺も、何ひとつ信じない、子供だった。
可愛くなくて、いつも何かを諦めていた。
愛されたい幼き心に、寄り添ったのはテレビと漫画。
どこにも行けず、何も見えず、何も得られなかった。
早く大人になりたかった。

蝉が鳴いて、入道雲が空を覆い、夕立に空を見上げ
幼き頃に思いを馳せて、切なく懐かしく胸が痛んでも
それは私の過去じゃなく、遠い昔、私がいつも欲した夢。

それはとても美しい、映画やアニメの描く世界
かつての日本の遠い過去。

それは私の過去じゃない。

夏が来るたび、幼い頃を振り返るたび、懐かしくて切なくなる。
それは私が憧れた、私の知らない、戻れない時。

スポンサーサイト

2016.07.14(Thu)

心徒然ニ // CO0 // TB0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。